【R-18】へろへろTomのブログ 

【R-18】自作のエロマンガについて記事を書きます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サイトリニューアルのお知らせ

へろへろHospitalのサイトをリニューアルしました
http://heroherohospital.sakura.ne.jp


こういうイメージのサイトです↓
tkdkddk.jpg

もう一人のサークルメンバーの伊佐木さんと共同で使えるサイトになってます
このサイトは小学校以来の友人に作って貰いました
今後はそちらの方で記事を書いていきますのでよろしくお願いします
スポンサーサイト
  1. 2016/08/13(土) 14:44:21|
  2. 雑記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろいろな雑記

【夏コミに申し込んだ話】

今年の夏コミ(C90)に申し込んだよ。

C90サクカカラー文字入りジェイペグ


左のキャラは「彗星のガルガンティア」のリジットで、下のキャラは「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」のフミタンで、右のキャラは「ダイヤのA」の高島礼だよ。

内容は、BBA系キャラクターの二次創作の詰め合わせで出すつもりなんだけど、「BBA系」なんてジャンル聞いたことないね。
僕の考える「BBA系」っていうのは、「お姉さんキャラ」でも「年上キャラ」でもなくて、行き遅れてる感と売れ残ってる感があって、性格がクール系だったりキツかったりするキャラだと思っているよ。
上の絵の3人以外だと、アイドルマスターシンデレラガールズの美城常務とか、エヴァのリツコさんとかが該当する気がするよ。

いつも一緒に同人誌を出している伊佐木さんが、こういうBBA系が大好きで、僕も影響されて好きになったんだよ。
行き遅れてる感と熟女感とムッチリ感と、クールぶってるんだけど実は性欲旺盛そうな感じがとてもエロいなと思うよ。
僕のいつも描いているBBW系(?)が好きな人は、きっとこういうBBA系のことも好きだと思うんだ。

この夏コミのヤツはふたなりモノにはしないつもりで、逆レイプモノになるかどうかは分からないよ。
気の強そうな女性キャラには逆レイプの図よりも、普通の怒涛のアナルレイプとかの方が合ってる気もするから、そのへん(レイプモノか逆レイプモノか)は迷っているよ。




【ポケモンの話】

去年の秋ごろに3DSとポケモンオメガルビーを買って、対人戦をやってたんだけど、なんだか限界を感じてやめてしまったよ。
僕はタブンネというポケモンが好きなんだけど、
d5d590b4-s.png
f5c083a1.png
(タブンネとメガタブンネ)


そのタブンネが弱すぎて全然使えない子なんだ。


タイプ     ノーマル
HP      103 
攻撃      60
防御      86
特攻       60
特防       86
すばやさ    50
合計      445


と、種族値が全体的に低くて、耐久向きの種族値なんだけど「じこさいせい」「はねやすめ」みたいなHPの半分を回復する技が無いからすごく使いにくいよ。
回復したかったら「ねがいごと(1ターン後の終わりに場にいる味方ポケのHP半分回復)」「まもる(そのターン攻撃技を受けない)」とかしかないけど、技スペースの関係上それもキツいよ。
特攻種族値が60しかないっていうのもかなりキツいよ。攻撃の種族値から20でいいから回して欲しかったよ。

あと、特性が

いやしのこころ     毎ターン終了時、1/3の確率で自分以外の味方の状態異常が治る(ダブル向け)
さいせいりょく      他のポケモンに交代するとHPが最大HPの1/3回復する
ぶきよう         持っている道具の効果が発揮されない(ゴミ特性)


と、シングルバトルだと「さいせいりょく」の1択なのも微妙だよ。
メガシンカしたら特性が「いやしのこころ」になってしまうから、シングルバトルだとメガタブンネは全然使えないよ。
メガシンカしても救いの無い子だよ。

弱いマイナーポケモンって沢山いると思うけどノーマルタイプだと攻撃面でも防御面でも「有利なタイプの敵」が存在しないから辛いよ。
ノーマルタイプの受けポケモンってポリゴン2とかハピナスみたいな、タイプじゃなくて種族値の高さで受ける「数値受け」が基本になってくるんだけど、タブンネは数値受けが出来る種族値じゃないから活躍させられないよ。
マイナーポケモンの中でも、ノーマルタイプの受けポケでお手軽回復技が無くて火力も無くてすばやさも低いって正直詰んでると思うよ。


・好きなポケモンを使いたい
・上を目指したい
この2つの欲求を同時に満たせないと面白くないと思ったから、もう僕はポケモンをやめてしまったよ。






【スプラトゥーンの話】
今年の1月くらいにスプラトゥーンを買ったよ。
4f4f6467.jpg


wiiUのソフトを買ったのは、「ゾンビU」ってソフトを中古で800円くらいで買った以外ではこれが初めてだよ。
「wiiU買ったの失敗したかも、、、別に遊びたいソフト無いしな、、、」って考えが覆ったくらいにはとても面白いよ。

FPS、TPS等のシューターゲームって、PCか据え置きハードかによって敵に照準を合わせる操作方法が違って、
PCだとマウス、据え置きハードだとコントローラーのスティックで合わせるんだけど、スティックだと感覚的に瞬時に照準が合わせられないんだよね。
だから据え置きハードでシューターゲームを遊ぶ際に、周辺機器のマウスとかを使ってプレイする人が居ると、プレイヤーの強さに差が出ちゃったりするんだよね。

だけど、スプラトゥーンはwiiiUゲームパッドを傾けるジャイロ操作で照準を合わせるから、据え置きハードのゲームなのに感覚的に瞬時に平等に照準を合わせられるんだんよね。
そこが他のシューターゲームとは違う点の1つなのかなと思った。


959cd0c2.png
↑コントローラーを傾けて操作する
 照準合わせがフワフワしているということは無く、かなり正確にピタッと合わせられる




スプラトゥーンについて他に言いたい事は、敵のチャージャーがイヤという事かな
チャージャーっていうのはスナイパーライフルみたいなモノなんだけど、遠距離から一撃で殺して来るのがイヤすぎる
フィールドを縦横無尽に駆け巡って中~近距離で打ち合う感覚がたまらなく楽しいのに、チャージャーが敵に居るだけでそれが出来なくて窮屈に感じる
チャージャーの射線から逃げるのも技術の内なんだろうけど、自分の技術云々の話以前に、動きにくくされるのがイヤだ

なんというか、マジック・ザ・ギャザリングで白や緑や赤がクリーチャー同士の殴り合いを楽しんでいる所に青や黒の全体除去呪文が飛んで来るようなウザさをチャージャーには感じる 
自分の力の及ぶ範囲外から不可避の死が襲って来て成すすべなく殺されるあたりが、、、

まぁ、本気で「チャージャー無くして欲しい」とか思ってるワケじゃなくて、「チャージャーいるだけ動きにくくてイヤやわぁ」という程度の話です



久しぶりの記事だから張り切って色々書いたけど、ほとんどゲームの話だったなぁ
僕の最新エロマンガについては、来月末くらいに情報が載せられると思います
夏コミに取り掛かるまで時間もあるから、またちょくちょくアニメの絵とか載せられる気がします
今度からは、アニメの女の子キャラを肥大化させて、そのエロ絵を描こうかなぁなんて思ってます
雑にパパパっと描く練習がしたいです

おしまい


  1. 2016/03/13(日) 02:38:53|
  2. 雑記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふたけっとを終えて

みなさんこんにちわ。

この記事ではふたけっと10の感想などを書いていきたいと思います。


【表紙の色について】

私はふたけっと10の会場で、本として出来上がった「LoverMe!」を始めて見て、愕然としました。

・・・・・表紙の色が全然ちがう…((((;゚Д゚)))))))

変化

↑の画像の一番右が、出来上がった本のスキャンなのですが、色が変わり過ぎてる事がお分かりになれるかと思います。


どうしてこういう現象が起こるかというと、まず、


1、 モニターで見る画像のカラーモードは大抵が「RGB」というモードである

2、 しかし、印刷所などで印刷するときのカラーモードは「CMYK」でなければならない

3、 だから、印刷所にデータを入稿する時点で、こちらで「RGB」から「CMYK」に
   カラーモードを変換しておく必要がある

4、 だが、「RGB」から「CMYK」に変換する時に色がくすんだり暗くなったりしてしまうので、
   あまり色の変わらない変換方法を選んだり、「CMYK」に変換した後に色調をいじったりする事が望ましい


という『カラーマネジメント』なるものを、カラー印刷を業者に頼む際にはやる必要があって、それを僕はいつもやっていました。

今まではこのサイトに載っているのと同じ方法で変換していました。

そして、今までは「RGB」から「CMYK」に変換したときに色が大きく変わったので、変換後に彩度を調整したデータを印刷所に渡していました。

しかし今回は、「RGB」から「CMYK」に変換したときに色が全く変わりませんでした。
なので、今回は彩度の調整は行いませんでした。

その結果がこれです。
変化


どうしてこうなった((( ^ω^ )))

いままでと何か設定が違ったのかなぁ?
変換時に何回も確認したし、今同じことをしても、あの時と同様にあまり色に変化がありません。
デスクトップではなくノートPCで変換しても、あまり色に変化がありません。

「RGB」→「CMYK」への変換時に色が変わるのならいくらでも対処のしようがありますが
「CMYK」→「印刷した結果」で色が変わる分にはどうしようも対処が出来ません。



ふたけっとで隣になったサークルさんがカラーの綺麗な本を出していたので、「どうやってカラー変換してるんですか?」と聞いてみたら「RGBのまま入稿して、CMYKに変換せずに印刷できる印刷所があって、そこに頼んでいる」と答えてくれました。
なので、私も次の夏コミではRGBのまま印刷できる印刷所に頼んでみようと思います。

もう「LoverMe!」の表紙の色がおかしくなってることにクヨクヨしないで、失敗を次に生かしていこうと思います。
まだ同人活動初めて1年経ってないし、最初のころはこういう失敗もあるよね(`・ω・´)

※本の中身は特におかしくなってなかったです。







【ふたなり好きの飲み会に参加してきた】

ふたけっとでは、色々な作家さんの所にご挨拶に伺ったり、作家さんがご挨拶に来てくださったりしました。
自分の、作家としての存在を認められている気がして嬉しかったです。

本を買ってくださる方の中にも、「へぇ~こういう本をいつも作られてるんですか?」「webサイトとかありますか?」と話しかけて下さる方もいらっしゃって、嬉しかったです。

話しかけてくれた作家さんの中にオトメチンコさんという方が居て、その方が「イベントが終わった後に、ふたなり好きが集まる飲み会があるから一緒にどうですか」と誘って下さって、私と伊佐木さんはその飲み会に参加させていただいて来ました。

その飲み会は、「全日本生えてる會」というサークルさんが出している「フタナリっ!2」というふたなり合同誌の打ち上げという体のものらしいです。

合同詩の打ち上げだけど、「友達も連れてきていいよ」ということになってるらしくて、総勢50人超の人が集まる飲み会となりました。

貸し切られた居酒屋の1階と2階に、50人超のふたなり好きがひしめきあうという壮絶な飲み会でした。
人見知りをする伊佐木さんと、面白いことの1つも言えない私はあまり人と会話することが出来ませんでしたが、それでも何人かの作家さんとちょっとしゃべったり名刺を貰ったりしました。
いつも家でシコシコ漫画を描いている自分にはとっても貴重な体験でした。ワーイワーイ。

今後も頑張ろう、と強く思えました。






【MTGの話】

この間のMTGの記事で不死の隷従白ウィニーを使っているという話をしましたが、ネットを見ていたら白ウィニーについての記事がありましたので載せておきます。

【MTG】4/28MOスタンデイリー 4-0の中に白単ウィニーが3、セレズニアアグロが1と白系軽量ビートが4つ!【デッキレシピ】


なかなかデッキパーツが被っていますが、私のデッキコンセプトとはどれとも違う気がしますねぇ。
正直、私のデッキは『不死の隷従をX=1で打つ』というコンセプトに捕らわれているので、2マナ以上のクリーチャーを入れられる数が制限されてしまっていますねぇ。

私のデッキに入る余地があるカードといったら、『オレスコスの王、プリマーズ』が考えられますかねぇ。
97168768.jpg

でもこれ3500円くらいするんですよねぇ・・・


ところで、昨日、大学で友達とMTGのスタンダードルールで遊んだときに、『万戦の幻霊』が大活躍しました。
91emPZyKqc_JP.jpg
こいつを飛行クリーチャーに授与するだけで打点が6、7点くらい一気に伸びるし、こいつだけが場に居る時にも『不死の隷従』
220gagar.jpg
をX=1で打って大量リアニメイトすると9/9くらいの怪物になるしで、とても頼もしいやつでした。

私の白ウィニーに不足しがちなフィニッシャー的な役割は、こいつにこそ任せられると思いました。

ちなみに友達のデッキは『イロアスの英雄』や『霊刃の幻霊』や『閃足の幻霊』や『タッサの二又槍』が入っている青白授与ビートダウンでした。結果は○-×-○で、2勝出来ました。

20140213_b2f316.jpg
12wehwehaweh.jpg
40aebhsebaebqe.jpg
TH4awgawgvawbbawer.jpg


もっとMTGがしたいなぁ。


そんな記事でした。
  1. 2014/05/09(金) 11:16:25|
  2. 雑記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あけましておめでとうございます

もう10日くらい過ぎてしまいましたが、あけましておめでとうございます。
コミケの事とか今後の事とかをバシバシ書いていこうと思います。



【C85について】
C85お疲れ様でした。

今回は非常に多くのサークルに販売停止カードが出されたという事で、僕達のサークルにも販売停止カードがコミケのスタッフから渡されました。
その結果、開始1時間の間販売をすることが出来ませんでした。
その間に買いに来てくださった方には、本当に申し訳ありませんでした。
数多あるサークルの中から僕たちのサークルに脚を運んで頂いたのに期待に答えられなくて申し訳ない気持ちで一杯でした。


しかし、販売許可が下りてからまた買いに戻って下さる方も居て、本当にありがたかったです。

本の内容について思うことは、自分はまだまだだなぁという事ですね。
もっと上手にならないといけないなぁと思います。
頑張ります。


【今やっている事とこれからの活動について】

ここ最近僕は、学校の課題である6ページマンガを描いていました。
しかし、冬コミの原稿の影響で、これはがっつり取り組む時間が無いなと思ったので、僕は4コママンガを描くことにしました。
もう描き終わっているので、記事を書くことが無いときにでも、このブログにその4コマを載せようと思います。

そして今から、これまた学校の課題である4ページマンガを描かなきゃいけないので、それに取り組もうと思います。
4ページマンガのお題は『笑いがこぼれる瞬間』です。正直ネタが思いつきません。ヒー。

その4ページマンガが描き終わったら、pixivで頂いたリクエストの絵を描こうと思います。
溜まりに溜まってるのでそろそろ描かないとヤバイです。

その後は、5月3日に東京で開かれる「ふたけっと」の原稿を描こうと思います。
まだ申し込んでないし、抽選があるのかどうか分からないですが。
(ふたけっととは、ふたなりオンリーの同人誌即売会です)

その後は、夏コミの原稿に取り掛かろうと思います。

まぁ、こんなカンジの予定でございます。ペコリ。



【MTGについて】
僕はマジック・ザ・ギャザリングというカードゲームにハマってます。
いつもは友達とプレイする程度なのですが、それだけではもったいないと思って、今度から地元のFNM(フライデー・ナイト・マジック)に参加して行こうかなと考えております。
FNMとは、毎週金曜日に開かれるMTGの大会みたいなもので、これは世界中の(ある程度信用ある)カードショップで開かれています。
僕の住んでいる県でも、FNMが開かれているカードショップがいくつかあるので、来週の金曜日くらいからFNMに参戦できたら良いかなと思います。

なので来週末にはその結果報告が出来たらいいかなぁ~なんて思ってます。

それはそうと、僕はコミケで東京に行ったときに、秋葉原のカードショップに行きました。
そのカードショップで僕はふと、MTGの対戦がしたくなって、デュエルスペースに1人で居る人に「今お暇ですか?良かったら戦っていただけますか?」と声をかけて、対戦をしてもらいました。

僕が使ったデッキは白・黒・緑のデッキで、以下のものです。

[メインデッキ      60枚]

[土地     21]

森             5
平地            5
沼             2
寺院の庭          2
神無き祭殿         3
草むした          2
静寂の神殿         2

[クリーチャー 20]

大食のワーム        4
森の女人像         4
羊毛鬣のライオン      4
ヴィズコーパのギルド魔道師 4
冒涜の悪魔         2
テューンの大天使      2

[その他の呪文  19]

不死の霊薬         4
勇士の再会         4
ヘリオッドの試練      4
ナイレアの試練       3
血なまぐさい結合      4

[サイドデッキ         15枚]
古代への衰退        4
天使の布告         3
死に際の願い        4
肉貪り           2
不死の隷従        2


何かを参考にして作ったデッキではなく、完全オリジナルで作りました。
ライフを回復するカードと、ライフを回復した時に恩恵を受けられるカードで構成されているカンジのデッキです。


相手の方のデッキは、赤と白の速攻型のデッキでした。
ボロスアグロと言うのでしょうか。

灰の盲信者
ラクドスの哄笑者
稲妻の一撃
ボロスの魔除け
頭蓋割り
若き紅蓮術師

などが入っていました。

3戦戦ったのですがその結果は、、、、、、3戦とも惨敗!!
何より相手の『頭蓋割り』がきつかったです。
zugaiwari.jpg


ライフを回復しようとした瞬間に頭蓋割りが飛んできて、そのまま追加の火力呪文で焼かれ殺されてしまう展開ばかりでした。
ライフを回復するデッキなのに、1回もライフゲインが出来ずに死にました。

こういう、『対戦相手のライフ回復を禁ずるカード』には『死者の神、エレボス』っていうのがあって、
85.jpg
そっちのカードへは対策してたのですが、頭蓋割りへの対策は怠ってました。その結果が3連敗だよ!


他にも、こちらが出した『テューンの大天使』を、
キャプチャdafafafa

相手の使った『反逆の行動』で奪われたりして負けました。
41s7k3slxY.jpg


正直、弱すぎて申し訳ないレベルでした。緊張してプレイミスも沢山しちゃったし、、、。

ただ、自分のデッキの悪いところが分かったので、負けて良かったかなと思います。
来週のFNMに挑むときには、ちゃんと戦えるデッキを作っていきたいです。

ちなみに僕と戦ってくれた方は、お客さんではなく、デュエルスペースで休憩していた店員さんでした。





それではみなさん、2014年もよろしくおねがいします。

  1. 2014/01/10(金) 23:22:05|
  2. 雑記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『クラブ』というものに行ってみた

お久しぶりです。

私と伊佐木さんが夏コミで出した『Nurse Me!』という本の委託販売を、メロンブックスさんの方でやっていただいている話は前にしましたね。

↓メロンブックスさんのネット販売サイトでのページはこちらです。
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001065575_herohero_nurseme.php


結構な数を刷ったので、沢山売れ残って送り返されないか心配だったのですが、ほとんど売れている状況みたいです!やったー!
嬉しいです!ばんざーい!


今は、次の冬コミで出すふたなり逆レイプ本の作業をやっていますが、間に合うかどうか心配ですね。
モノクロとはいえ38ページあるのでかなりきつい状況です。頑張ります。





それはそうと、自分は音楽ではテクノが好きです。
アッパー系のクラブミュージックも好きです。

『一度クラブというものに行ってみたいなぁ~。でも怖いなぁ~。』と思っていたのですが、この前友達と一緒に、大阪にある「Live & Bar 11」というクラブ(?)に行ってみました。

↓Live & Bar 11 のサイト
http://www.onzi-eme.com/

私が行ったときは、『Digitalism』というドイツのアーティスト(?)が来ていました。
c0024243_61442100.jpg

私はDigitalismのことは知りませんでしたが、youtubeで曲を聴いてみて、良さそうだなと思ったのでクラブに行く決断をしました。

チケット代は2千数百円だった気がします。
かなり安いですね。

クラブに行くと、入り口に身長が2mくらいありそうな人(なんだか中国人ぽい?)が2人両脇に居て、中央に日本人らしい20代後半の男性が1人いました。
怖いですね。

近づくと、2mの人が、「IDカードを」と言いました。
私は、「IDカード?」と思いましたが、どうやら身分証名書のことのようです。
私達は身分証名書を見せて、建物の中に入りました。

建物内に入ってエレベーターで上ると、すぐにクラブがある所に着きました。
そこには数人の男性が居て、そのクラブは1ドリンク制だったので、私達はドリンク代600円を払い、ドリンク券を1枚ずつ貰いました。


クラブは円形のつくりになっていて、円の中央に大きな部屋があり、その周りに通路があるというものでした。
私達は少し迷いましたが、円の中央の部屋に行くことが出来ました。

すでに開演時間は過ぎていたので、音楽が鳴っていました。

しかし、Digitalismはまだ来ていませんでした。
詳しいタイムテーブルの様なものは発表されていなかったと思いますが、開演時間が9時半で、閉演時間は『allnight』となっていた気がします。多分朝の6時くらいまでやるのだと思います。


クラブでは、写真を沢山撮ったので、それらを交えながらクラブの感想を書いていきます。

IMG_0265.jpg

クラブは暗くて、フラッシュやレーザーライトの光が人々を照らしていました。

sfwa.jpg

カラフルですね。写真を撮るタイミングによって全然色が変わってきます。

1000 - コピー

足元には、スチームを発生させる機械がありました。

11.jpg

右に写ってるのは友人です。

IMG_0253 - コピー

まぶしい!

IMG_0251 - コピー
IMG_0258 - コピー
IMG_0278.jpg
IMG_0292.jpg
なんだかかっこいい写真が撮れました。

私は、お酒を「スミノフアイス グリーンアップルバイト」というものと交換しました。
0626d_01_b.jpg

飲みやすくておいしかったです。
バーの様なところで、ドリンク券と、600円以下の飲み物を交換するのですが、これはちょうど600円で売っていました。
しかし、後日コンビニで全く同じものが200円もしないで売っているのを見かけました。飲食店でジュースを飲むと高くなるのは当たり前ですが、全く同じものを出して値段は3倍近くってちょっとぼったくりな気がします。


あと、私はまだお酒が飲みたかったので、メニューにあったドリンクを適当に頼みました。
すると、、、
IMG_0259.jpg

こんな飲み物が出てきました。小さいです。めちゃくちゃ小さいです。
でも500円しました。
プラスチックの容器の上に柑橘系の果物が乗っかっていて、それを絞って飲みました。
かなりきついお酒でした。


クラブについての感想ですが、家で音楽を聴くのとの違いは、音量の大きさでした。
体全体で音が聴けるのは勿論のこと、私はスピーカーのすぐ前に立っていたので、爆音が鳴るたびに服や毛が振動するのを感じるほどでした。
『音ってやっぱり空気の振動なんだな』としみじみと思いました。

あと、客層はやはり20台の若者が多く、男女比は8:2くらいでした。
白人系外国人の数も多かったです、全体の1/15くらいの数は白人系外国人だったように思います。
あと、男は黒髪短髪が多く、マッチョの数も多かったです。明らかにチャラチャラした人もちらほらと居ました。

前のほうには踊っている人も居ましたが、後ろの方の人の多くは軽くヘドバンをしている程度でした。
私も軽くヘドバンをする程度でした。


あと、部屋の後ろの方に、身長が1.9m、体重が100キロ近くありそうな強面のガードマン(?)も居ました。
やはり、お酒を飲んで暴れる人が居るから、そういうガードマン(?)的な人が必要なのでしょう。


1時くらいになってやっとDigitalismの人たちが登場しました。
でも曲は鳴りっぱなしです。登場の挨拶とかトークみたいなのは一切ありませんでした。
これが、音楽のライブと、踊るクラブの違いでしょうか。
クラブでは、踊る人のテンションが下がらないように、曲と曲の間を上手くDJがその場でつなぎ合わせて、曲が途切れない様にするのです。
んで、次に何の曲を流そうかというのを、その場で客のノリを見て判断するのもDJの役目みたいです。

Digitalismの人たちが登場したのは良いけど、2時半くらいになって私達は会場から出ました。
理由は足が痛かったからです。
もう4時間半近く立ちっぱなしだったので限界が来ていました。
椅子やテーブルは少しはあるのですが、『reserved』と書いてある紙が置いてあったので座れませんでした。


2時半にビルを後にして、私と友人は町をフラフラと歩いて、始発で家に帰りました。



私がクラブに行って感じた印象は、あまり良いものでありませんでした。
大きな理由としては、『ウェェェェェェェェェェェェェェェイwwwww』的なノリの人が多くて自分には合わないと思ったからです。

そういうリア充的な空間なのだと分かっていたはずですが、目の前で人が「FOOOOOO!!!!!!!」と叫んだり、男の人が女の人の尻を触ったりキスしたり、男女が駅弁FUCKの体位になりながらリズムを取っているのを見ると、冷めてしまいました。




もう普通のクラブには行かないと思うけど、AphexTwinが来日したら、そのクラブorライブには行ってみたいですね。


それではみなさん、お休みなさい。



  1. 2013/10/26(土) 03:14:54|
  2. 雑記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

へろへろTom

Author:へろへろTom
成年向け逆レイプマンガサークル「へろへろHospital」でムチムチ逆レイプマンガを描いてます

Pixiv
へろへろHospitalのHP

最新記事

最新コメント

カテゴリ

絵とか (3)
マンガとか (18)
雑記とか (8)
未分類 (6)
MTGとか (5)
アニメとか (26)

月別アーカイブ

検索フォーム

アクセス数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。